太鼓衆一気とは?


  

これが和太鼓! これぞ和太鼓!

ikki-4.jpg
太鼓衆一気とは、日野一輝を主宰とした「少人数で大人数に負けないアンサンブルと、和太鼓の本当の音を奏でる」を目的として結成した太鼓集団です。現在は埼玉県に拠点を置き国内外で展開中。
2004年、日本人で初めてとなるウクライナ全土ツアーを皮切りに海外にも進出。3度に渡る台湾ツアーや5年連続招待出演の韓国ドラムフェスティバル、「Red Bull BC One」やロンドンで開かれた「Japan Festa 2012」にも招待される。
2014年には世界最大芸術祭典の「Edinburgh Festival」でイギリスメディアから4つ星評価され「IKKIは伝統の枠を越えた完成されたパーカッショニストだ」と、名誉かつ価値のある評価を頂く。
2016年、ポーランドにて7都市ツアーを敢行。各地で満員御礼という大盛況で幕を閉じた。
同年、Edinburgh festivalにて、再び4つ星評価を頂く。


何年経っても変わらぬコンセプト、進化し続ける音で、これからも世界各地で和太鼓の魅力を伝えて行きます!

2002年7月
日野一輝を中心に大阪で3人で旗揚げ。
2004年
IOV事業で台湾一周ツアー。日本人初、単独でウクライナ全国ツアーを行い延べ1万5千人を動員する。韓国ドラムフェスティバルに参加。
初の単独公演を大阪で行う。
2006年
東京で単独公演を行う。
2007年
埼玉で5周年記念コンサート。
2010年
春爛漫ツアー(東京・埼玉・群馬・千葉)
代々木体育館で開かれた、Red Bull主催の「Red Bull BC ONE TOKYO 2010」で演奏。
2011年
埼玉で打楽器団体を集めたイベント「IKKI’s Drum Festival」を主催。
2012年
ロンドンで開かれた「Japan Festa 2012」で招待演奏
埼玉で10周年記念コンサート。
2013年
世界最大の芸術祭「エディンバラ・フリンジ・フェスティバル」に初参加する。
2014年
同フェスティバルに2年連続参加。イギリスメディアから4つ星評価を受ける。
2016年
同フェスティバルに4年連続参加。過去最多の3,000人以上の動員、再び4つ星評価を得る。
ポーランドツアー(7都市)
イギリスのライブハウスで演奏。

★★★★ -British Theatre Guide-

太鼓はすぐに分かる音楽のスタイルだ。演奏のスタイルはグループごとに多少違うであろうが、リズムは演奏者全てに共通している。言うまでもなく、それは訓練方法が 普遍的であり極めて厳しいものだからだ。多くの奏者は、演奏できるレベルに達するまで数十年をかけている。太鼓は宗教といわんまでも、人生の道であるに違いない 。
しかし、太鼓グループは、必ずと言っていいほど他の打楽器を用いており、時には吹奏楽器や 弦楽器も使われている。そして、見事に構成された振り付けは精密に演じられている。
ここに記すのは、とても有能な 鼓手たちであり、彼らは自らのグループを作ることで、その訓練法や知識を分かち合っている。
サムライドラム・イッキは 昨年度もここで演奏していた。その当時は、まだ若くウブな印象を受けたが、可能性と将来性を感じた。旅をして、訓練をする。これが 非常に重要なのだ。
昨年芽を出し始めた彼らのプロ根性と自信は、今年になってしっかり根をはっている。その芸術性と技術は 確かに受け継がれている。
これからの長いキャリアの入り口にあって、サムライドラム・イッキの若き鼓手たちは明らかに熟成しつつある。サムライドラム・イッキは優れた太鼓グループの一つになることは間違いない。
彼らを今この場所で体験しておく価値は大である。また一つ、全ての年齢層に大推薦できるパフォーマンスが増えた。


★★★★ -Broadway Baby-

ここエジンバラで高い評価を受けるSAMURAI DRUM IKKI。4人の奏者が魅せる高い技術力、まるで美しい舞踊を見てるようなドラム・ルーティン、そして会場中に充満するまるで目に見えるかの様な彼らのエナジー。そこにいた観客は、全ての演目が終わるまで息がつけない。
彼らの演奏スタイルの核はリーダーが全て作曲したオリジナルの楽曲。彼を中心に3人の女性奏者が舞い太鼓を鳴らす。演奏から伝わるエナジーは圧倒的で、時には、畏怖を感じさせるほどだ。
常に太鼓がその中心に。激しいシャウトと鐘の音が伴奏となり、美しい横笛のソロも、太鼓の音をさらに引き立てる。
美しい伝統的な衣装に身を包み、サムライをイメージさせる彼らの所作は、聴覚だけでなく視覚的にも、アーティストとしての彼らの不退転の決意を感じさせる。
前半と後半の間とコンサート終了後、彼らは楽器、メンバー、彼らのCDなどの物販の紹介し、観客に向かい話す。ここでは、彼らは打って変わり、明るくニコニコした雰囲気。女性陣はチャーミングでリーダーはオモシロイ人に。リーダーの自ら「バッドイングリッシュだ」と前置きし、ジョークを交えたトークに、観客は楽しみ、惜しみない称賛を送る。
そして、最後は、終演し退席する観客一人一人に、彼らは可愛い手製の折り紙の鶴をお土産に。素敵な演出で、彼らのステージは終わるのだ。